サイトメニュー

大きな顔になる理由は様々

女医

原因に合わせた治療が揃う

結果として顔が大きく見える場合でも、その原因は先天性から後天性まで人によって異なります。先天性の場合は骨格に由来するケースが多く、主にエラ骨が張っていたり、オトガイと呼ばれるアゴ先が長くても大きな顔に見えたりするのです。頬骨が出ていても同様ですから、骨格構造に由来する場合でも、直接的な原因は多岐に渡ります。しかし先天性でも諦める必要はなく、美容外科には様々な小顔になる方法が揃っているため、整形治療を受ければ顔を小さくできるのです。そして、後天性の理由も色々ありますが、特に一般的な原因では咬筋肥大が挙げられます。咬筋は下アゴを動かす筋肉の1つであり、顔の筋肉としては一番大きなサイズです。奥歯を噛みしめれば反射的に盛り上がるので、鏡を見ればどなたでも簡単に確認できます。咬筋も筋肉ですから日頃の食事をはじめ、歯ぎしりなどの生活習慣で日々肥大していくのが特徴です。また、スポーツや筋力トレーニングをしている時は、無意識のうちに力強く奥歯を噛むことも多いため、本人が預かりしならぬところで肥大化が進むパターンも珍しくありません。そのほか、顔の贅肉が増えた際も小顔から遠ざかってしまい、二重アゴになれば尚のこと顔が大きく見えます。さらに、加齢によって頬やアゴの皮膚が垂れ下がるようになりましても、大きな顔の印象になりますから、後天的な原因は実に多彩です。ですが、美容外科の小顔になる方法では切らない施術も充実しており、後天性の理由であれば、大抵メスを使わずとも注射器だけで小顔に改善できます。先天性の原因に効果的な小顔になる方法には、骨削りや骨切り施術があり、どちらもダイレクトに骨格を整える治療です。骨削りはその名の通り骨を削る施術ですが、自然で美しいフェイスラインにできるため、骨切りとセットで行われる場合も多くなっています。それに対しまして、骨切り施術は単に骨を切除して顔の余白を減らすだけでなく、離断することで自由に骨を動かせるのが強みです。例えば横から見た時に下アゴが大きく前に出ている場合、下側の歯を左右1本ずつ抜き、空いたスペースの骨を切り取って後方へ引っ込めることもできます。これにより、どのような骨格構造をしていても、なりたい小顔になれる場合が殆どです。頬骨を治療する時は髪のもみ上げ近くを切るものの、エラ骨などの整形では口の中を切開するため、その場合は外見に傷を残しません。治療は外科手術になりますが、全身麻酔を行うことから、治療中は痛みを感じずに済みます。そして、後天性の理由に最適な小顔になる方法が、ボツリヌストキシン注射と小顔専用の脂肪溶解注射です。ボツリヌストキシン注射は咬筋肥大の改善に適しており、その小顔効果は骨切り施術と同程度とされています。外科手術ではないので効果は永久ではありませんが、定期的に5、6回治療すれば、長期的に小顔効果を維持することは可能です。また筋肉に直接注入せず、筋膜でボツリヌストキシンを作用させれば皮膚のリフトアップ効果が生れ、肌を引き締めることで小顔になる方法も人気となっています。そのほか、顔専用の脂肪溶解注射は頬やアゴなどの贅肉に打ち、脂肪を分解排泄して小顔にする美容整形治療です。