サイトメニュー

小顔になるなら美容整形

看護師

失敗しない小顔施術を

美容整形なら医療施術で小顔になることが可能で、さまざまな方法から選べるのがメリットです。最近は小顔になりたい方が増えており、平均よりやや大きいだけでも施術を検討する方が少なくありません。小顔になる方法でポイントとなるのは、原因そのものを除去することにあります。マッサージをすれば一時的に問題が解消することがありますが、すぐに元の状態に戻ってしまいます。医療機関の施術のメリットは注射・切開などの方法で根本的に改善できることです。小顔になる方法として一般的によく利用されるのはボトックス注射で、施術後は内出血が発生することがあります。これは注射針が血管に接触することで生じるものですが、放置しても自然と解消するので心配はいりません。ボトックス施術は副作用が少ないですが、施術後はなるべく安静に過ごすようにしてください。1〜2日くらいはハードな運動やスポーツ、飲酒などは避けたほうが無難でしょう。マッサージやエステなどは1週間くらい避けるのが好ましいです。身体に急のつく動作はすべて負担となるので、なるべく静かにリラックスして生活するのが理想です。メイクは施術直後に行えますので、日常生活に大きな支障は出ません。ボトックスによる小顔効果は3〜6ヶ月継続しますが、継続的に使用することで持続期間は少しずつ延びていきます。脂肪によって顔太りを招いている場合は脂肪吸引や脂肪溶解注射などの方法がおすすめです。施術後に腫れ・痛みなどが発生するケースがありますが、次第に解消していくので問題はありません。顔太りの原因は自分では特定が難しいため、まずはクリニックで診断を受けてみましょう。顎骨に原因があってエラが張っていると考えていたら、実際は筋肉の発達が原因というケースはよくあります。前者は顎骨を切除する必要がありますが、後者ならボトックス注射で改善できます。クリニック選びで失敗しないためには、どのような施術を用意しているのか確認してみることです。小顔になる方法は複数あり、原因に応じて使い分けていく必要があります。脂肪によって顔が太っている場合はボトックス注射ではなく、脂肪吸引や脂肪溶解注射が役立ちます。小顔になる方法はいずれも高度な技術を必要とするので、実績が豊富にあるクリニックから選んでください。公式サイトに症例写真を豊富に掲載していること、顔全体のバランスを考えて施術してくれること、カウンセリングに時間をかけてくれること、などが大切となります。リスクに関してはハッキリと伝えてくれるクリニックが好ましく、メリットばかりを話してデメリットに触れてこないクリニックは避けたほうが無難でしょう。顔は目や鼻・口などのパーツが密集しており、小顔になることはパーツを引き立てることになります。クリニック選びでは実績が重要ですが、これは実績が豊富にあるほど成功率が高くなるためです。フェイスラインを適切に整えてくれる、長く張り出した顎を短くしてくれる、ほほの脂肪を吸引して適量にしてくれるなど、理想の方法を選んで実践してくれるでしょう。小顔になる方法とは顔痩せに加えて、顔を美しく見せる意味合いもあるのです。